【動画】豪州の毛刈り職人と毛刈りロボット=ハンナ・ジー撮影
[PR]

 世界で最もきつい仕事。オーストラリアでこう言われるのが羊の毛刈り職人だ。アスリート並みの体力が必要とされ、数の減少に歯止めがかからない。一方、ウール人気は上昇中。そこで「毛刈りロボット」を開発する試みも始まった。(ヤス=小暮哲夫)

 大きなバリカンを手にした職人が一列に並び、豊かに生えそろった羊の毛を刈っている。もう一方の手で頭を、両足で胴体を押さえる。刈り終わった羊毛は毛布のように一枚につながっている。

 シドニーから車で3時間。豪南東部ヤスの牧場「キャバンステーション」は1万ヘクタールの敷地に2万匹の羊を放牧する。訪れた2月は毛刈りのピーク時期だ。

 7人の職人のうちエイダン・コップさん(30)は「毛刈り競技会」上位の常連。1匹にかかる時間はわずか1~1分半で、1日8時間で300~400匹を刈る。「社交ダンスのように刈る。こちらが落ち着いてやると、羊も静かになる。羊の動きにはいくつかのパターンがある。個体ごとにつかんで刈り方を変えるんだ」

 職人は各地の牧場を渡り歩く。報酬は出来高制。最新レートは1匹で3・11豪ドル(約244円)だ。普通の職人なら150~200匹は刈るから、1日で4万円前後の稼ぎになる。

 とはいえ、羊の体を押さえなが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら