[PR]

 92年前の1927年3月に発生した丹後大震災(北丹後地震)から92年となった7日、京都府京丹後市網野町掛津地区の海蔵寺で追悼供養会があった。宮本善教住職の読経のあと、地震が発生した午後6時27分に住民ら約50人が黙禱(もくとう)をささげ、犠牲者を悼んだ。

 丹後大震災では約3千人が犠牲となり、1万棟以上の家屋が被災した。掛津地区では30人以上が亡くなった。

 法要のあと、府立峰山高の小長谷誠教諭が講演。地学が専門の小長谷教諭は、震災で壊滅的な被害を受けた写真を示し、普段からの地震への備えを訴えた。郷土料理を研究する主婦らで作る「琴引浜まんまくらぶ」のメンバー7人が炊き出しの訓練をし、おにぎりと豚汁を振る舞った。

 同市立島津小4年の由良未珠季…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら