[PR]

 カニアナヤブカという魚の血を吸う蚊がいる。岐阜大の三宅崇准教授(生態学)らのグループが、このほど、どの魚の血を吸っているのか世界で初めて特定した。英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」に論文が掲載された。

 人の血を吸うイメージが強い蚊だが、世界には3千種類以上いて、魚やカエル、鳥類の血を吸うものもいる。人の血を吸う蚊は伝染病を媒介するため研究が進んでいるが、人以外の血を吸う蚊については、実態がよく分かっていないのが現状だという。

 「蚊を研究してみたい」。数年前、学生から打ち明けられた。卒業後、教壇に立つ学生も多い。「『学生時代は蚊の研究をしていたんだ』と話したら、子どもたちが科学に興味を持つきっかけになるかもしれない」。そんな思いから研究を始めた。

 カニアナヤブカは亜熱帯のマングローブ林に住む。昼は穴の中にいて、夜、穴から出て魚の血を吸う。三宅准教授は、2015~17年、学生らと奄美大島や石垣島、西表島などを訪れ、千匹以上採集。腹にたまった魚の血を分析し、血液由来のDNAから15種類の魚を突き止めた。

 水槽で飼育したカニアナヤブカ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら