[PR]

 一度は引退を考えたボクシングの前世界王者が、再起の舞台に選んだのは中国・上海だった。今月30日に王座陥落後初の試合を戦う木村翔(青木ジム)。30歳の木村をリングに引き戻したのは、中国からの熱烈なエールだった。縁もゆかりもない中国で、彼がファンのハートをつかんだ理由とは――。

 昨年9月に田中恒成(畑中ジム)に世界ボクシング機構(WBO)フライ級王座を奪われた後、木村は「遊びほうけていた」。ジムにも行かない日々を送る中、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」の自分のアカウントを見ると、中国語で多くのメッセージが寄せられていた。翻訳すると「もう一度チャレンジしてほしい」「諦めないで」と応援の声が並んでいた。

 「負けたらおしまいだと思っていたけど、価値観が変わった。ファンのためにもう1回、熱い試合をしたいと思った」。再び世界王者を目指すと決め、復帰をサポートしたいという中国の興行会社のオファーを受けた。今月30日、上海でタイ選手と10回戦の復帰戦を戦う。

 なぜ木村が中国でこれほど愛されるのか。昨年、木村に「日中スポーツ貢献賞」を贈った微博の広報担当者は「木村選手の生い立ちや苦労を伝える特集番組が中国メディアで放送され、感動、共感する中国人が多かった」と説明する。

 2017年7月、木村は上海で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら