[PR]

 マイコ 日差しが暖かくなってきたな。今年の春は統一地方選があるんだね。

 A そうだよ。全国で4年に1度、首長や地方議員をまとめて選ぶ選挙で今回で19回目だ。京都府内では4月7日投開票の前半戦で、府議と京都市議を選ぶ。後半戦は4月21日。木津川市、京田辺市で市長と市議のダブル選があるほか、向日市長選と福知山、宇治、城陽、八幡、久御山、和束の6市町の議員選があるんだ。

 マ 全国で一斉に選挙をするのはなんで?

 A 有権者の関心を高めて投票率を上げようという狙いだ。行政側にとっては選挙事務の費用が抑えられるメリットもある。戦後、地方自治の制度が変わり、1947年に一斉に実施されたのが始まりだ。

 マ 「統一」と言っても、府内の全市町村で選挙があるわけじゃないね。

 A うん。府内では知事選、府議選、26市町村の首長選と議員選を合わせて計54の地方選挙がある。そのうち今回実施されるのは、13選挙で全体の24%にすぎない。府選管によると、47年の第1回統一地方選の時は全自治体で選挙があったけど、市町村合併や首長の死亡・辞任、議会の解散などで時期がずれていったんだよ。

 マ 実際、みんな投票に行って…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら