[PR]

 前橋市内の踏切で2月に電車にはねられ死亡した群馬県立高校2年の女子生徒(17)が、「もうつかれた」「耐えられない」などと書かれたメモを残していたことが県教育委員会や県警への取材でわかった。県教委などはいじめを苦に自殺した可能性がある、とみて調べている。

 女子生徒は2月1日午後7時前、前橋市大胡町の上毛電鉄踏切で電車にはねられ、死亡した。残された数十枚のメモには、「先生は私の言葉を信じてくれなかった。ネットで悪口を言われているのは本当なのに」などと記されていた。

 父親(63)によると、女子生徒は入学した数カ月後から周囲の生徒に嫌がらせを受けていたという。「いじめる生徒がいる」と家族に話し、体調不良も訴えた。教員から呼び出されて個室で厳しく指導され、泣きながら帰宅することもあったという。

 亡くなる1カ月ほど前から体調が悪化。事故当日は、家族が付き添って病院で受診。帰宅後に姿が見えなくなったという。

 父親らは県警と学校に、いじめがあったと相談。学校は友人らに聞き取りすると同時に、県警も関係者に話を聞くなどして、調べている。県教委は「学校による調査報告を待っている段階。家族の意向も踏まえ、第三者委員会の設置も検討したい」としている。