[PR]

 東京電力福島第一原発事故で、福島から自主避難している世帯への家賃補助が今月末で打ち切られる。県内の避難者も生活への影響や、先行きへの不安を訴える。

 福島県南相馬市から一人息子と新潟市に自主避難する女性(40)は昨年、福島に住む夫と離婚した。被曝(ひばく)への不安から、福島で仕事がある夫との溝が埋まらず、話し合って決めたという。「夫も福島も嫌いじゃない。原発事故がなければ離婚しなかった」

 生活は苦しい。震災後に米国で資格を取ったアロマテラピーの教室を開いているが、稼ぎは多くはない。震災時、1歳半だった息子は、今は小学生。子育てにかかるお金はこれから増えていく。

 自主避難者には福島県が家賃を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら