[PR]

 今年2月に前橋市の踏切での衝突事故で亡くなった群馬県立高校2年の女子生徒(17)は、「もうつかれた」「耐えられない」「ネットで悪口を言われた」などと書かれたメモを残していた。学校や県教委はいじめの可能性も含めて調査しているが、女子生徒の父親(63)は「毎日がつらい」「もう1カ月以上経つのに、まだ何を調べているのか」と、早期の事実究明を求めた。

 女子生徒が通っていた高校では8日、朝から入学試験があり、午後3時ごろには試験を終えた受験生や迎えの親らが集まっていた。

 取材に応じた同校の校長は、女子生徒へのいじめがあった可能性も含めて教員や生徒に聞き取りし、調査を進めているとした上で、「ご遺族の心情に寄り添う形で誠実に対応したい」とのコメントに終始した。

 県教委は午前11時半から、報…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら