[PR]

 ハッセルブラッド財団(スウェーデン)は8日、偉大な業績を上げた写真家に贈られる今年のハッセルブラッド国際写真賞に、写真家の森山大道(だいどう)さん(80)が決まったと発表した。同賞は写真界のノーベル賞とも呼ばれ、日本人の受賞者は杉本博司さん、石内都さんらに続き4人目。

 森山さんは大阪府生まれ。粒子が粗く、コントラストの強い白黒写真で都市の風俗などをとらえた作品で知られる。写真集に「にっぽん劇場写真帖」「遠野物語」など。授賞式は10月13日にスウェーデンのイエーテボリで。