[PR]

 明治安田生命J2リーグの鹿児島ユナイテッドFCは9日、鹿児島市の白波スタジアムでヴァンフォーレ甲府と対戦。0―1で惜敗し、リーグ戦2連敗となった。

 ユナイテッドは前半を0―0で折り返すと、後半7分、相手DFのシュートがポストにあたり跳ね返ったところを、相手MFに押し込まれ失点。DF赤尾公選手や、途中出場のFW薗田卓馬選手らが積極的にシュートを放つも、相手GKのセーブなどで得点はならなかった。

 試合後の会見で金鍾成(ジョンソン)監督は「得点になりそうなシーンはなかった」と振り返り、「気持ちの強気の部分が選手たちに足りない」と話した。2本のシュートを放った赤尾選手は「攻撃の質を上げていかなければいけない」と語った。

 次節は17日午後2時から、岐阜市の岐阜メモリアルセンター長良川競技場でFC岐阜と対戦する。(井東礁)