[PR]

 阪神電鉄は、台湾の鉄道会社「桃園メトロ」と相互連携協定を結んだのを記念し、現地の名物などをデザインしたラッピング列車の運行を9日から始めた。

 両社沿線にプロ野球チームの本拠地があったため結ばれた縁。甲子園駅で開かれた式典では列車と共に台湾向けのPR曲「阪神で行こうよ」が披露された。

 制作したシンガー・ソングライターの黄小玫(ファンシャオメイ)さんは「阪神電車に乗りたいな、という気持ちが伝わればいい」。あの「六甲おろし」のように定着なるか。