[PR]

 和牛の受精卵と精液を検査を受けずに中国に持ち出そうとしたとして、大阪府警は9日、飲食店経営の前田裕介(51)=同府藤井寺市=と、無職の小倉利紀(64)=大阪市住吉区=の両容疑者を家畜伝染病予防法(輸出検査)違反と関税法違反容疑で逮捕し、発表した。2人は容疑を認めているという。

 農林水産省は和牛の受精卵などを「遺伝資源」として保護を検討しているが、持ち出しをめぐり立件されたのは初とみられる。

 生活環境課によると、2人の逮捕容疑は、和牛の受精卵と精液が冷凍保存された容器を布製のバッグに隠し、大阪市住之江区の港で農水省動物検疫所の輸出検査を受けずに中国・上海行きのフェリーに載せ、昨年7月、持ち出そうとしたというもの。

 しかし中国到着後、検疫証明書がなかったため「輸入不可」とされ、小倉容疑者は帰国。日本側の動物検疫所で受精卵について申告し、発覚した。前田容疑者は取材に、知人の中国人から「和牛の精液を上海まで持ってきて欲しい」と頼まれたと証言。報酬数万円ほどで小倉容疑者に依頼したとしている。

 府警の捜査で、受精卵と精液の流出元は徳島県の畜産農家と判明。農家の男性は取材に「数百万円で売った。中国に持ち出されることは知らなかった」と明かした。昨年2~3月ごろ、面識のない男から「受精卵がほしい。和牛なら何でもいい」と電話で持ち掛けられたと述べ、経営も苦しかったため応じたという。

 農水省によると、生きた和牛や…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら