[PR]

 「時代遅れ」という言葉が、いい意味でよく似合う。AI活用が幅を利かせる現代将棋の世界に身を置きながら、パソコンを使った研究はほとんどしない。若手棋士の中ではまれな存在だ。

 「秋田でお世話になった人からは、本や大盤解説や指導対局などで一つ一つ丁寧に教えていただいた。今も、その積み重ねこそが知識をアップロードしていく感じです」

 昨年10月、三段昇段を決めた。入会同期生との一局。相手が投了し、日本将棋連盟幹事に勝敗を報告。普段ならその後、対局を振り返る「感想戦」が始まるが、しばし2人とも無言だった。「互いに知っている仲だからこそ、先を越される相手の悔しさが伝わってきた。勝負の世界にきれいごとはない。生きるか死ぬかの世界です」

 4月には半年間にわたる奨励会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら