[PR]

 中日のドラフト1位、根尾昂(大阪桐蔭高)が開幕1軍を目指して一歩ずつ前進している。

 10日のウエスタン・リーグ教育リーグ阪神戦(鳴尾浜)に6番・遊撃で先発出場。右足ふくらはぎ痛から復帰して初めて実戦で守備につき、雨でグラウンドが緩くなっている中、遊ゴロを2度、無難にさばくなど軽快な動きをみせた。

 打撃では、二回無死、ガルシアの直球を打ち上げて左飛に倒れ、四回無死ではドリスに左飛に打ち取られた。実戦デビューした9日の阪神戦ではメッセンジャーに1三振、1四球。根尾は「いい投手と対戦すると、どうして結果が出ないのか考えるいい機会になるが、もっと打たないと」と反省していた。

 予定通り五回裏の守備から交代し、小笠原2軍監督は「まだ2試合。評価する段階ではない。色々見ていきたい」。12日からの教育リーグ・ソフトバンク戦(ナゴヤ球場)にも出場する予定だ。