[PR]

 IRいしかわ鉄道の津幡駅で10日、同鉄道開業4周年を記念し、石川県津幡町に伝わる忠犬伝説にちなんだ犬のモニュメントのお披露目があった。

 北陸新幹線金沢開業でJRから経営分離された並行在来線を引き継いだIRいしかわ鉄道は14日、開業4周年を迎える。一方、町には犬が住民に洪水の危機を知らせた伝説がある。そこで同鉄道は、駅近くの石川工業高等専門学校建築学科の内田伸准教授と学生たちに毛並みの表現や色を相談しながら、繊維強化プラスチックを使って白い犬のモニュメントを制作した。

 この日のお披露目で、同鉄道の七野利明社長が「犬がテーマの駅はそうない。愛犬家やIR利用者、地域のみなさんに楽しんでいただきたい」とあいさつ。学生たちがモニュメントに駅員の帽子をかぶせ、駅員の制服と同じ生地で作られたマントを着せた。

 同高専出身の内田准教授は通学…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら