[PR]

 昨年11月の米国の中間選挙で不正投票があったとして、南東部ノースカロライナ州の選挙管理委員会はこのほど、共和党候補の当選を取り消し、再選挙を行うことを決めた。米メディアなどによると、米国で国政選挙が不正でやり直されるのは初めてという。

 再選挙は9月に行う予定だ。

 当選が取り消されたのは同州から下院選に出馬した共和党のマーク・ハリス候補。民主党候補に905票の僅差(きんさ)で「当選」したが、州選管が調査したところ、ハリス氏の陣営幹部が有権者から不在者投票用紙を集めて替え玉投票をしていたことが判明した。

 州選管は2月、選挙のやり直し…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら