[PR]

 名古屋市元副市長の山田雅雄さん(70)が代表理事を務め、国や愛知県、同市の水行政の元幹部らがつくった一般社団法人「名古屋環(わ)未来研究所」が19日、創立5年のつどいを開く。報告のメインはカンボジアで取り組んだ衛生や井戸水改善の活動だ。

 山田さんは元同市上下水道局長。ほかの理事も県企業庁幹部や、同市出身の厚生労働省の水道担当課長ら水行政のプロたちだ。途上国では水インフラ市場が急成長しており、国内市場の狭まる東海の水関連企業の海外進出などを手助けしようと、2013年11月に設立した。

 ところがこの間、木曽川の上下流交流やスリランカの水道計画に関与したものの、主な活動は知人がいたカンボジアの井戸水しかない農村地域だった。

 アンコールワットのある地域で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら