[PR]

 この2月中旬、千葉市の幕張メッセであった食品の大きな展示会。日本中から自信の品が集まり、商談が進む。

 長崎県の産品が並ぶ一角に、とある果実でつくった商品が並んでいた。ゼリー、サイダー、アイスクリーム、そして、100%果汁の4品だ。

 コンビニやスーパーなどの流通業者が足をとめていく。聞いたことのない果実だ。パッケージに教会の絵が描かれているのは、なぜ?

3日間で40件超の申し込み

 ブースにいる担当者が、この果実について説明する。おいしさはもちろんだが、教会にからむ物語に業者は心を動かされ、つぎつぎに「うちで扱いたい」と申し出ていく。

 会期の3日間で40件を超える申し込みがあった。担当者たちは、うれしい半面、思った。困った、こんなに対応できないぞ~。

 「ゆうこう」

 これが、その果実の名である。長崎市の限られた地域で、細々と栽培されてきた拳ほどの大きさの柑橘(かんきつ)類だ。

 果汁は、いくつかのホテルや飲食店で使われてきたものの、長崎市民でさえ、その存在を知らない人が多い。

 そんな知られざる果実でつくったゼリーやサイダーなど4品が、試験販売を経て3月中旬、長崎観光のお土産品として、長崎県庁の売店などで本格的に売り出された。

 酸味は、カボスやスダチほど強くない。香りは、ユズほど強くない。「特徴のなさ」(関係者)が奏でるおいしさが、ゆうこうにはある。

 そして……、苦難の歴史がある。潜伏キリシタンたちが守ってきた果実なのだ。

畑の隅に自生「同じものはない」

 長崎市で「辻田白菜」などの伝統野菜や果物をつくって半世紀あまり。そんな中尾順光さん(75)に15年前、市役所の人たちから声がかかった。「長崎に『ゆうこう』という果実があります。そのルーツを調査したいので協力してほしい」

 中尾さんは、ゆうこうという名を聞いたことはあった。だが、どんな果実なのかは知らなかった。

 中尾さんたちは調査を始めた。市内の山の中や、畑の隅に、何本か果樹が自生していた。地域の人に、名を漢字でどう書くのか聞いた。ある人は「優香」と言った。また、ある人は「有効」と、そして、ある人は「友好」と。文献を探したが、見つからなかった。果実の名は、ひらがなで書くしかなかった。

 長崎県の協力を仰いで調べを進めると、同じ果実はどこにもないとの結論が出た。中尾さんは思った。

 〈生半可な調査では済まないぞ〉

 調査に力を入れていくと、潜伏キリシタンがかかわっている、と分かってきた。キリシタンの末裔(まつえい)や地域の長老たちに話を聞いた。ある80代後半の人が、証言した。

 「私の祖父が『子どものころにはこの木があった』と言っていました」

 キリシタンたちが密(ひそ)かに守ってきたんだ。果実を調味料や薬として使ってきたに違いない。

 〈えらいこっちゃ〉

収穫したのに捨てるしか……

 それまで中尾さんは、潜伏キリシタンに、さしたる関心はなかった。日本史より世界史が好きだ。キリスト教徒の友だちはたくさんいるが、中尾さんは仏教徒である。

 〈キリシタンたちが命がけで守ってきたんや。世の中に出せんかなあ〉

 中尾さんは、若手の熱血果樹農家7人に声をかけ、「長崎市ゆうこう振興会」をつくった。会長は中尾さん。メンバーたちは自生していた100本ほどの果樹で栽培をはじめ、苗を植えていった。

 学校や、さまざまな集まりで、ゆうこうの話をした。果実をホテルやレストランに持って行くと、何軒かに使ってもらえることにはなった。

 けれど、収穫した果実の多くは捨てるしかなかった。手塩にかけてつくったのに……、つらい。メンバーから「栽培をやめたい」と弱音が出た。

 その気持ちは、中尾さんには痛いほど分かった。でも、メンバーたちに言った。

 「俺たちが命がけで守らんと、誰が歴史をつなぐんや。頑張ろうや」

 メンバーたちは、歯を食いしばって栽培しつづけた。時は流れ……。

焼き魚に、一絞り

 2016年。ゆうこうを使った新しい土産品の開発が始まった。地域の市と町や商工会、銀行などが集まった「長崎地域雇用創造協議会」の、厚生労働省が委託する3年プロジェクトとして。

 長崎にしかないことと潜伏キリシタンというキーワードは、観光客に受け入れられるはずだ。地域の活性化と新たな雇用につながる、と考えたのだ。

 お土産店、喫茶店の店主、協議会の担当者らで考えていった。もちろん中尾さんも加わった。試作品をつくっては、全員集合、試食して意見を出し合った。

 集まりの後の宴会に、ゆうこうは必需品だ。焼き魚にゆうこうの果汁をかけ、焼酎にも、ゆうこうを一絞り、である。

 「うまかねえ」

 「うまかあ」

■世界遺産が追…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら