[PR]

 中国の研究者が、ゲノム編集技術で受精卵の遺伝子を操作し、双子を誕生させたことを受け、欧米の著名な科学者や倫理学者らは14日、臨床応用のモラトリアム(一時停止)を求める声明を英科学誌ネイチャーに発表する。安全性が確認できていないなどとして、各国政府に政策を提案する。

 声明を出すのは、ゲノム編集技術「クリスパー・キャス9」を開発したエマニュエル・シャルパンティエ氏や、この技術を初めて人間の細胞に応用したフェン・ジャン氏ら。

 声明は、まだ安全性や効果が十…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら