[PR]

 兵庫県豊岡市が制作した昨春の県立豊岡高校卒業式の動画が、インターネットで公開後1年近くになる今でも人気を広げている。本番の式典後に、親が我が子に手作りの卒業証書を手渡したドキュメンタリー。高校を卒業して古里を離れる子どもに直接語りかける父親や母親の言葉が共感を呼んでいる。

 動画は「親から子へのサプライズ卒業式~わかもの巣立ち応援プロジェクト2018」(6分50秒)。高校卒業などで地元を離れる若者を応援するポスターを16年度から制作している豊岡市が、親から子に直接エールを送る機会をつくりたいと企画。昨年2月末、県立豊岡高校での卒業式後に、11人の卒業生の親が自分で考えた内容の卒業証書を壇上で読み上げ、子どもに手渡す場面を撮影した。「生まれてきてくれてありがとう」「疲れた時は帰ってきたらいい」と声をかけられ、事前に何も知らされていなかった卒業生の中には、涙をこらえる子どももいた。

 市によると、動画投稿サイト「ユーチューブ」で昨年3月に公開を始めたところ、視聴回数は同月に15万4千回を記録した。その後は減少傾向だったが、年明けから増え始め、先月は5万1千回を超えた。総視聴回数は現在、50万回を超えている。

 視聴者からは「親から子に贈ら…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら