[PR]

 23日開幕の第91回選抜高校野球大会に初出場する徳島県立富岡西高校の壮行会が11日、阿南市富岡町の同校体育館であった。生徒や教職員約540人が集まり、選手たちの健闘を祈った。

 拍手の中、選手とマネジャーが一列で入場。坂本賢哉主将(2年)は「たくさんの方々から応援の言葉を頂いている。恩返しをするために、勝って校歌を歌えるように頑張ってきます」と抱負を述べた。吉田光昭校長は「甲子園という大海に泳ぎ出て、広い世界を見て、のびのびとプレーしてきてほしい」。生徒会副会長の梶本莉加(りか)さん(2年)は「皆さんを誇りに思う。初めての舞台でしっかり自分たちのプレーをしてきて下さい」とエールを送った。

 この日は東日本大震災から8年。壮行会の冒頭で全員で黙禱(もくとう)し、犠牲者を追悼した。(佐藤祐生)

こんなニュースも