[PR]

 東建コーポレーションが、名古屋市中心部「栄地区」に超高級の賃貸マンションをつくった。月額の賃料が、名古屋では一番高い部屋も。同社の社長兼会長、左右田稔さんに狙いを聞いた。

 ――栄の白川公園近くに完成した28階建てのマンション「栄タワーヒルズ」。月額賃料が名古屋随一の部屋があります。

 「最高の価格にチャレンジしました。部屋が埋まらないリスクはありますが、千種(ちくさ)に建てて10年ほどになる高級賃貸マンションでは、最上階の月額110万円の部屋に空きが出ません。高い部屋ほど固定客がいるからです」

 ――建物へのこだわりは。

 「外観は建築家の故黒川紀章さんのデザイン案がベースです。内装は中世の西洋建築をイメージし、最高級ホテルと比べても遜色のないつくりにしました。ロビーには個人所有の織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑の甲冑(かっちゅう)のレプリカも並べました。狙ったのは違和感です。住む人の記憶に残って欲しいし、併設する刀剣の博物館とのつながりを考えました」

 ――栄に象徴的な建物をつくる…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら