[PR]

 鉄道の安全運行をレールの製造販売で支えて98年――。北九州市門司区の九州鉄道機器製造が、切断したレールを使ってブックエンドをつくり、東京の代官山蔦屋(つたや)書店で販売を始めた。「縁の下の力持ち」に徹してきた老舗が、ものづくりをする中小企業の魅力を知ってほしいと、新事業に乗り出した。

自社レールからブックエンド製作

 ブックエンドの素材の一つは、分岐器と呼ばれる特殊なレール。列車が走る線路の切り替えに用いられる。大正10(1921)年の創業時から同社が部品販売を手がけ、やがて自社製造するようになった主力製品だ。

 この分岐器を厚さ1・6センチに切り、さらに縦に半分に切り分ける。それに普通のレールを厚さ5ミリに薄切りにしたもの2枚を用意。めっき加工してネジやピンでつなぎ合わせ、底に滑り止めのゴムを貼り付けて、重さ約1・8キロのブックエンドにした。

 畑違いの文具づくりに乗り出したのは、「ものづくり」への危機感からだ。

 同社の主な取引相手は鉄道会社…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら