大阪の発砲、34歳の男を指名手配 殺人未遂などの疑い

[PR]

 大阪市中央区宗右衛門(そうえもん)町の店舗「バーファイブ」で11日午前0時40分ごろ、男が従業員と客を拳銃のようなもので撃った。従業員は意識不明の重体。大阪府警は、この店の常連客とみられる住居、職業不詳の井川真一容疑者(34)を殺人未遂と銃刀法違反容疑で指名手配し、発表した。

 南署によると、従業員の男性(42)は頭部を、男性客(32)は左胸を撃たれた。いずれも意識不明の状態で搬送されたが、男性客はその後意識が回復。店には別の30代の男性従業員もいたが、けがはなかった。

 捜査関係者によると、店内にはインターネットカジノ用とみられるパソコンが複数置かれ、入店には事前に連絡が必要だった。井川容疑者は事前に電話で来店を伝え、従業員2人とも面識があったという。

 無事だった従業員の府警への説明などによると、井川容疑者は入店直後に応対した従業員に発砲。その後男性客ともみ合いになり、さらに発砲した。従業員らが取り押さえようとしたが、北方向に逃走したという。店のテーブルには回転式拳銃のようなものが残されていた。情報提供は南署(06・6281・1234)へ。