[PR]

 平昌(ピョンチャン)五輪フィギュアスケート男子で66年ぶりに連覇を達成した羽生結弦(24)=ANA=が、20日に開幕する世界選手権(さいたま市)で再び頂点をめざす。偉業を達成してもなお、挑戦を続ける原点は何なのか。小中高時代の後輩や先生たちの言葉から、羽生の少年時代を振り返る。

 慶大2年の花城桜子(21)は、羽生の母校、仙台市立七北田(ななきた)中学校スケート部の後輩。宮城クラブでも一緒だった。「結弦君は年下の面倒見がよくて、中学校の部活動紹介の書き方を丁寧に教えてくれた」

 印象に残る言葉がある。花城が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら