[PR]

 犬や猫の保護活動をする一般社団法人「動物愛護協会フィリアネット」(徳島県板野町)が15日で4周年を迎えた。県動物愛護管理センター(神山町)に収容されている犬や猫を引き取り、しつけをした上で新たな飼い主に渡しており、昨年末までで計271匹が新しい家族に迎えられた。団体の石川かずこ代表理事(57)は「殺処分を少しでも減らしたい」と話す。

 テーブルに置かれたケージのクッションの上から、まんまるの目で猫がこっちを見つめてくる。そばには「小さい体でパワー全開」などの紹介文。来場者はケージに顔を近づけて笑顔を見せた。フィリアネットが、徳島市内の貸しスタジオなどで月2回開いている譲渡会の様子だ。訪れた女性(48)は「ワクチン接種やしつけをしてくれているのはありがたい」と話した。

 譲渡会に出されるのは、県動物愛護管理センター(神山町)や住民から連絡を受けた犬や猫。いずれも不妊・去勢手術などを済ませているほか、日本動物病院協会の「家庭犬しつけインストラクター」の資格を持った石川さんらがトイレトレーニングをしたり、高齢者施設を訪れて人に慣れさせたりしている。

 譲渡を希望する人には、事前に…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら