[PR]

 トランプ米大統領は11日、2020会計年度(19年10月~20年9月)の予算教書を発表した。連邦政府の財政赤字は、減税や軍事費の増加で1兆1010億ドル(約122兆円)とし、19~22年度まで4年連続で1兆ドル超えを見込む。トランプ政権では好況期にもかかわらず財政赤字が拡大し、世界経済へのリスクとなりつつある。

 20年度の歳出は約4・7兆ドル、歳入は約3・6兆ドルと見積もった。軍事・非軍事ごとに上限額が定められた「裁量的経費」では、軍事関連を前年度比約5%増の7500億ドルに拡大。一方、非軍事では災害対策を含めた場合で前年度比約5%減、含めなければ約9%減と大きく削減し、なかでも環境や海外援助などの予算の大幅カットをめざす。

 19年度の予算編成で民主党との溝が埋まらず、政府機関の一部閉鎖を引き起こした米メキシコ国境の壁建設費では、改めて86億ドルという巨額の予算を提案。トランプ氏が「壁」予算にこだわり続ければ、20年度の予算編成でも、再び政府閉鎖が起こる可能性がある。

 予算教書は大統領の提案にすぎ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら