[PR]

 国の文化審議会が18日開かれ、兵庫県朝来市にある古墳由来の「兵庫県池田古墳出土品」と加東市の朝光寺(ちょうこうじ)に安置されている「木造千手観音立像」を国の重要文化財に指定するよう、文部科学相に答申した。

 兵庫県池田古墳は朝来市和田山町にある。県教委によると、全長は約135メートルで、但馬地域では最大規模を誇る前方後円墳だ。5世紀前半に造られたとされ、水鳥の形をした埴輪(はにわ)が全国最多の24体以上出土していることで知られる。

 同古墳の水鳥は白鳥やカモがモチーフになっている。古墳時代、水鳥は他界を象徴する存在だったとも言われており、死者の魂を運ぶ役や水先案内人の役として古墳に置かれた可能性があるという。

 ほかにも多くの埴輪や木製品が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら