[PR]

 日田市十二町の製材業「ヤマサイ坂本製材所」(代表・坂本宏二氏)が大分地裁日田支部で破産手続き開始決定を受けた。決定は1日付で、負債総額は約5億3200万円。

 帝国データバンク大分支店によると、同社は1959年に創業し、角材や建築用の製材をしていた。2012年と17年の九州北部豪雨で原木の価格が上昇し、その上昇分を販売価格に十分に転嫁できなかったことなどから、収益が悪化。17年に大口取引先が倒産したことで資金繰りも悪化し、不動産の売却交渉をしていたがまとまらなかった。