[PR]

 格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(本社・千葉県成田市)は12日、関西空港と沖縄県宮古島市の下地島空港を結ぶ定期便を7月3日から就航させると発表した。関空と下地島を結ぶ便は初めて。週に4往復し、夏休み期間中は毎日運航する。片道運賃は税込みで5990円~4万2990円。13日から販売を始める。

 下地島は、リゾート地として人気が高い宮古島の西約10キロにあり、ダイビングやシュノーケリングをする人が多く訪れる。

 同社の片岡優社長は大阪市内で記者会見し、「関西だけでなく海外からの旅行客にも美しい自然に触れられる旅を提供できる」とあいさつ。宮古島市観光商工部の福里匡次長は「宮古島に近く、夏はマンゴー、冬はメロンを味わえる。きれいな景色も楽しんでほしい」と話した。(野田佑介)