[PR]

 表彰台の上で、アリーナ・ザギトワ(ロシア)は泣いていた。

 今年1月、ベラルーシ・ミンスクで開催されたフィギュアスケートの欧州選手権。2連覇に向け、ショートプログラム(SP)は首位発進だった。だが、フリーで崩れた。序盤の3回転ジャンプで転倒するなど精彩を欠き、同じロシアのソフィア・サモドゥロワに逆転を許した。2位。「何もないよりは、銀メダルを取れてよかった。私のパフォーマンスをファンの皆さんに謝りたい」。国際スケート連盟の公式サイトが、痛々しさのにじむコメントを伝えている。

 平昌(ピョンチャン)五輪の女王として臨む今季、16歳は起伏の激しい時間を過ごしてきた。

 幕開けは、五輪金メダルの勢いをそのまま新シーズンにも持ち込んだように映った。国際大会初戦は2018年9月、ドイツ・オーベルストドルフで開かれたネーベルホルン杯だった。SP、フリーともに1位で女子世界最高となる合計238・43点をマークし、世界をうならせた。

 グランプリ(GP)シリーズ初戦となった昨年11月のフィンランド大会でも、唯一200点台に乗せる完勝。「大事なのは自分のスケートに集中すること。良い演技を見せること。それが全て」。コメントも貫禄たっぷりだ。続く、地元開催のGPシリーズ・ロシア杯でも優勝。SPではノーミスで世界最高得点を更新し、女王のすごみを見せつけた。

 ただ、ここから輝きが鈍り始める。

 昨年12月にカナダ・バンクー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら