[PR]

 4月に新設される外国人労働者の在留資格「特定技能」。企業や団体向けの説明会が12日、高松市の高松商工会議所であり、定員を大幅に上回る約300人が参加した。人手不足が深刻な業界からの関心は高く、香川県などは今後も説明会を開催することを検討している。

 特定技能は、介護やビル清掃、外食など人手不足の問題を抱える14業種が対象。既存の在留資格「技能実習」から移行する人が大部分とみられている。

 技能実習では認められなかった家族の帯同もでき、在留期間も無制限に更新できる。5年間の全国での受け入れ見込み数は最大で約34万5千人。

 この日、参加者らは入国管理局…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら