本庶さん講演 若者が「研究者になりたい」と思うように

有料会員記事

構成・合田禄
[PR]

【科学力】

 本庶佑・京都大特別教授のノーベル医学生理学賞受賞を記念した講演会(朝日新聞社、日本対がん協会主催)が3月9日、東京・有楽町朝日ホールで開かれました。ノーベル賞受賞につながった免疫のブレーキ役の発見から画期的ながん治療薬「オプジーボ」の開発に至るまでの過程や、基礎研究の重要性などについて語りました。

免疫を抑えるブレーキ「PD-1」

 がんを免疫で治そうという考えは、ノーベル賞をもらったオーストラリアのフランク・バーネットさんが1970年に提唱しました。しかし、その後、多くの人が何十年と試みてもうまくいきませんでした。1990年代にはもう、がんを免疫で治すのは難しいと考えられていました。

 その理由は、免疫の仕組みが「アクセル」と「ブレーキ」で制御されているということの理解が十分でなかったからです。1990年代半ばから、まず、「CTLA―4」という車のパーキングブレーキに相当する分子が見つかりました。一方で、私たちが1992年に見つけた「PD―1」という分子は、いわば走行中のブレーキで、速度をゆっくりと制御できます。

 このブレーキを外したら、自動車がもっと早く走るだろうという発想で、これらを使ったがん免疫療法が始まりました。

 私たちはPD―1を見つけ、PD―1が体の中にないネズミが自己免疫病を起こすという研究などから、「PD―1は免疫を抑えるブレーキだ」と明らかにしました。これをがんに応用し、ネズミでがんの増殖速度を比べました。すると、PD―1がないネズミと正常のネズミで大きな差が出ました。

 抗体を使ってPD―1の働きを抑えると、腫瘍(しゅよう)の大きくなるスピードが遅くなり、ネズミは長く生きました。がんの転移も防げることが分かりました。

がん、いずれ人と共存する病気に

 ただ、製薬企業にはたらきかけても、当時は「そんなばかなことはないでしょう」と相手にしてくれませんでした。幸いにして、メダレックスという米国のベンチャー企業が実用化することになり、2006年に米国で、2008年に日本で治験が始まって、結果が2012年に報告されました。

 治験に参加してくれた患者さ…

この記事は有料会員記事です。残り6210文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら