【動画】スピードスケートW杯の女子1500メートルで世界新記録を更新して優勝した高木美帆が帰国=根岸敦生撮影
[PR]

 米国で行われたスピードスケートのワールドカップ(W杯)最終戦、女子1500メートルで世界新記録を更新した高木美帆(日体大助手)が12日、成田空港に帰国した。報道陣の取材に応じた高木美の一問一答は次の通り。

 ――世界新記録をマークして帰国した今の率直な心境を

 「正直、帰国するまでこの状況を予想していなかったので、今、ちょっとこの出迎えに驚いているところです」

 ――今回、女子で初めて(1500メートルで1分)50秒の壁を割ったことについてどうお考えですか?

 「記録を更新できたのは自分の中でもうれしい気持ちはあるけど、それ以上に今週の大会は、ほかの選手とハイレベルの戦いをすることができて、レース自体がとても楽しかった。その中で記録を更新できたのがさらにうれしい」

 ――少し時間が経って世界記録保持者になった実感はわいてきていますか?

 「たくさんの方からメッセージも頂いて、今、こうして注目もされて、実感はわいてきてはいるのですけど、世界記録を保持できたからといって、そこで終わりのものではないので。記録は常に更新、破っていくものになると思うので、この状況に満足することなく、次に向かっていきたいと思っています」

 ――今シーズンに入る前はモチベーションを保つ難しさなどを語っていたのですが、それを乗り越えたきっかけは?

 「オリンピックが終わって、夏場のトレーニングではどこを向いていけばいいのか、見つけられない部分もあったのですが、大会をこなしていくうちに、スケートに対しての自分の気持ちが明確になってきました。ハイレベルの戦いになればなるほど、自然とスケートに対する気持ちが集中していくことができた。そういう試合を国内でも国外でもすることができたというのが大きい」

 ――これからに向けてこのシーズンの意味は

 「オリンピックが終わって次の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら