[PR]

 インドネシア西部スマトラ島の北部シボルガで12日午後2時50分(日本時間同4時50分)ごろ、民家で爆発が起き、近くにいた警察官らが負傷した。「死者が出た」との地元報道もある。住人が立てこもって抵抗を続けていたが、新たな爆発の後、死亡が確認された。国家警察がテロ事件として捜査している。

 国家警察と地元メディアによると、12日午後2時20分すぎ、民家に住む男を対テロ法違反容疑で逮捕した。続けて対テロ特殊部隊が自宅を捜索していたところ、同50分ごろに爆発が起きた。男の妻が3歳の息子と立てこもりを続けたが、13日午前1時20分ごろに爆発が再び起き、その後、妻の死亡が確認された。一連の爆発で、警官や近隣住民らが負傷するなどした。

 ティト警察長官は、男が過激派組織「イスラム国」(IS)への忠誠を示す同国内の過激派ジャマア・アンシャルット・ダウラ(JAD)の一員だと説明。男の供述に基づき、同市内で仲間2人を逮捕した。うち1人は最初に逮捕された男の義父で、自宅から30キロ分の爆薬が見つかった。

 地元のネットニュース「トリビューンメダン」は、少なくとも2人の住民がこの爆発に巻き込まれ、死傷したと伝えた。爆発があった民家はイスラム教の礼拝所(モスク)の前とも報じている。

 同市には4月に大統領選を控えるジョコ大統領が17日に訪問予定だが、ティト氏は「選挙とは無関係だ」と説明している。

 同国内では昨年5月、第2の都…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら