[PR]

 12日午後7時ごろ、愛知県豊田市で「屋外で女の子2人が血を流して倒れている」と付近の女性から119番通報があった。2人は市内の同じ小学校に通う6年生の女児で、病院に搬送されたが、まもなく2人とも死亡が確認された。

 捜査関係者などによると、2人が倒れていたのは15階建てのマンション敷地内で、県警は2人が飛び降りたとみて調べている。

 2人の所持品から複数の遺書のようなものが見つかっており、女児がいじめられていたことを校長に対して訴える内容もあったという。

 一方、市教育委員会は13日午前に記者会見し、児童を対象に毎年3、4回実施しているアンケートでは、いじめは確認できていないと説明。学校でも、6年生向けに校長が説明した。

 2人は12日は通常通り登校し、授業を受けて下校したという。遺書については「存在を含めて確認していない」と答えた。

 20日には学校で卒業式が予定されている。市教委は学校に心理士やスクールソーシャルワーカーを派遣する方針。会見した市教委の鈴木直樹・学校教育課長は「警察から正確な情報を得ながら、まずは児童の心のケアに努めていく」と述べた。