[PR]

スルガファミリー

 「たまには若い人と食事でもしないとね。スルガをもっと柔軟な企業にするため、君たちがどんな考え方で仕事をし、生活してるか知っときたいんだ」

 若い行員をねぎらってすし店に誘い、そう語りかける御可能光(おかのひかり)・スルガ銀行社長――同行がモデルのマンガの一コマだ。

 御可能は創業家「岡野」の当て字に見える。編著者は地元の地名・駿河平を逆さにした「平河駿」氏だ。

 1999年に出版され、スルガ銀行員に配られたこのマンガは、岡野光喜前会長の意でつくられた、と行内で語り継がれている。

 スルガ銀の社長らの「先見性」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら