[PR]

 13日午後1時50分ごろ、山陽新幹線の相生駅(兵庫県相生市)―岡山駅(岡山市)間で木の枝が線路内に落ちているのが見つかったため、上下線で運転を見合わせた。JR西日本によると、上りは約20分後、下りは約1時間後に運転を再開した。木の枝は直径約7センチ、長さ約2メートルという。