[PR]

 昨年1年間に全国の警察が摘発した児童虐待事件は1380件で、被害に遭った18歳未満の子どもは1394人だった。ともに過去最多で、うち36人が亡くなった。夜間など緊急の対応が必要として、警察が一時的に保護した数は統計がある2012年から増え続け、4571人に上った。警察庁が14日発表した。

 事件として親や養親らを摘発した件数の約8割は身体的虐待で、傷害と暴行容疑が大半を占めた。強制わいせつなど性的虐待は前年比33・7%増の226件。事件化が難しい心理的虐待は摘発数の2・5%にとどまった。摘発人数は1419人で、最多は実父の622人。実母352人、養父・継父266人、内縁の男127人と続いた。

 被害に遭った子どもは前年より19・3%増え、性別では男性717人、女性677人。無理心中など以外で22人が亡くなり、容疑別では殺人12人、傷害致死5人、保護責任者遺棄致死4人、逮捕・監禁致死1人だった。虐待で亡くなった子どもは前年より22人減った。06年は111人に上ったが、13~17年は50~60人台で推移している。

 警察庁は事件が増えた理由を「社会の関心が高まり、情報提供が増える中で徹底した捜査を進めているため」とみている。

 また、虐待を受けているとして、全国の警察が昨年に児童相談所(児相)に通告した18歳未満の子どもは過去最多の8万252人(確定値)。前年より22・7%多く、統計がある04年から14年連続で増えた。

 児相に通告した虐待で最も多いのは、言葉による脅しや無視など子どもの心を傷つける心理的虐待で、約7割を占める5万7434人(前年比23・7%増)。うち、子どもの前で配偶者らを暴行したり罵倒したりする「面前DV」が約6割の3万5944人に上った。身体的虐待は1万4836人(20・2%増)、育児放棄(ネグレクト)7722人(20・7%増)、性的虐待260人(3・6%増)だった。

 警察は通告とは別に、通報などで駆けつけた現場で虐待が認められないと判断しても、児相や市町村に取り扱いがないか照会するなどして情報を共有している。昨年は2万8598件の情報を提供し、前年より25・9%増えた。

 一方で、児相は児童虐待防止法に基づき、子どもの安全確認時の警察官の同行など警察に援助を要請しており、昨年は339件で前年を23・7%上回った。

 東京都目黒区の船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5)が昨年3月に亡くなった事件を受け、児相は通告から48時間以内に安全を確認できない場合、必ず警察と情報を共有することなどがルール化された。警察庁は児相から援助要請が増えた背景に情報共有の強化があるとみている。(小林太一)