【動画】遮断機が下りた踏切で高齢女性を救助=山田武弘さん提供など
[PR]

 遮断機が下りた踏切に、人が取り残された――。こんな現場に居合わせた男性が、高齢の女性を間一髪で助ける救出劇があった。男性は映像をネットで共有。「誰にでも起こりうるから気にかけてあげて」と呼びかけている。

 2月19日午前9時半ごろ、名古屋市守山区の名鉄瀬戸線喜多山駅の西側にある踏切で、警報機が鳴りはじめた。小雨のなか、車で病院へ向かっていた建設コンサルタント会社経営の山田武弘さん(66)は、右側の歩道を歩く、90代くらいの女性が気になっていた。

 踏切の遮断機が下り、警報機が鳴っても、女性は気づかない様子で歩き続け、とうとう踏切内に入ってしまった。このままだと危ない。「おばあさん、おばあさん!」。山田さんがドアを開けて声をかけたが振り向きもしなかった。

 車から降り、左右を確認して遮断機をまたぎ、女性の元へ。左手で手押し車の持ち手を握り、右腕で女性を抱えて向こう側まで運んだ。10秒後に電車が通過した。「大丈夫?無事で良かったね」と声をかけると、女性は「ありがとう」と言って立ち去った。

 「少しでも迷っていたら、どうなっていたか」と山田さん。本来は非常ボタンを押すべきだが、押しても女性が助かるかどうかわからなかった、と考えている。

 救出劇の一部始終を、山田さんの車のドライブレコーダーがとらえていた。帰宅後、娘に映像を見せると、「共有した方が良い」。娘がツイッターに投稿したところ、7万7千回以上再生され、1千件以上リツイート(転載)されている(3月末時点)。

 山田さんの勇気ある行動に、地…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら