[PR]

患者を生きる・食べる「高齢者の歯」(4)

 東京都大田区の認知症の女性(93)は昨年4月、有料老人ホームで暮らすようになった。今年1月24日夜、介護職員が口の中をきれいにするため女性の入れ歯を外すと、血がついているのに気づいた。「口の中が痛い」という。

 連絡を受けた次女(64)は28日、予約を前倒しして日本大学歯学部付属歯科病院(東京都千代田区)を受診した。

 主治医の萩原芳幸・歯科インプラント科長(58)は入れ歯を外して口の中を診察した。痛がる女性にやさしく声をかけながら、生理食塩水で炎症を起こしている患部を洗い、抗生剤を塗った。萩原さんは女性の上あごの一番左にあるインプラントを指し、「一番痛いのはここですね」と言った。

 女性のインプラントは歯茎とほおの粘膜の境の所に埋められ、上部がわずかに出ていた。人工歯との間にある土台(アバットメント)は2012年の初診の時にはついていた。だが、その後一部が折れ、萩原さんは17年に取り除いた。歯茎の外にわずかに出ているインプラントの上部に周囲の肉がかぶさってきて傷つき、痛みを引き起こしていた。

 取れるものならインプラントを…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら