[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏の殺害事件をめぐり、ベトナム政府は実行犯として起訴、勾留されているベトナム人の被告を釈放するようマレーシア政府に求めた。12日夜にあった外相同士の電話会談で要望を伝えたという。

 事件の実行犯とされた2人のうち、インドネシア人の女性(27)は11日に起訴取り下げとなり、釈放された。だが、ベトナム人のドアン・ティ・フォン被告(30)の起訴は取り下げられておらず、国内外から「不公平だ」との声が上がっている。

 マレーシアのサイフディン外相によると、電話会談でベトナムのファム・ビン・ミン外相は、「インドネシア人と同じように(フォン被告を)釈放するよう便宜を図ってほしい」と求めた。これに対し、サイフディン氏は「裁判所が決めることだ」と述べるにとどまったという。

 フォン被告の次回の審理は14日に予定されている。(クアラルンプール=守真弓)