[PR]

 幻視が特徴とされる「レビー小体型認知症」と告げられたのは50代になったばかりの頃。2人の娘はまだ高校生と中学生でした。それから7年、神奈川県大和市の小野寺朗さん(58)は、勤務先の郵便局に片道1時間ほどかけて通勤し、仕事を続けています。

認知症とともに 本人の思い:12
認知症の人が自らの言葉で胸のうちを語る「本人の思い」。特集「認知症とともに」の連載で、随時配信します。

 〈早朝4時に起き、午前7時には職場に着く〉

 朝4時50分に家を出ます。電車に乗って、郵便局の最寄り駅へ。「行きたくないな」というネガティブな気持ちにならないよう、朝日を浴びて「よし仕事」って思うようにしています。紅茶を1杯飲んで職場に入り、制服に着替えます。

 ラッシュは苦手です。電車で幻視の症状がでると、光の加減でシートの汚れが動物や子どもに見えたりするのですが、混んでいると幻視か本物か判断しにくいのです。幻聴もありますが、イヤホンで中島みゆきの音楽を聴いて、幻聴に意識を持っていかれないようにしています。

 〈症状を考えた職場の配慮に加…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら