[PR]

 名古屋港の浚渫(しゅんせつ)土砂を中部空港島(愛知県常滑市)の隣接海域に埋め立てる計画で、国土交通省中部地方整備局が、約32年かけて段階的に進める案を検討していることが関係者への取材でわかった。このうち、空港の第2滑走路の候補地とされる西側は、15年ほどかけて埋め立てるという。

 関係者によると、埋め立てる海域は空港島の西側と南東部。西側は南北約4キロ、約480メートル沖合まで、護岸工事を含めて約15年かけて埋め立てる方向で検討している。その後に南東部を本格化させ、全体では約32年かけて約290ヘクタールを埋め立てる計画という。

 地元政財界は、リニア中央新幹…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら