[PR]

 滋賀医大病院(大津市)の岡本圭生医師(58)による前立腺がん小線源治療が6月末で打ち切られる問題で、岡本医師の治療を希望する患者らでつくる患者会は13日、厚生労働省に約2万8千人分の署名を持参して治療の継続を要請した。

 患者会の代表が「高リスクの前立腺がん患者が『命をつなぐ』ために、岡本医師の小線源治療を切望している。『命』にかかわる喫緊の問題として、適切な判断と指導を行ってほしい」などと記された根本匠厚労相あての嘆願書を手渡した。受け取った同省医政局の北波孝総務課長は「滋賀医大にしっかり伝える」と答えた。

 滋賀医大は、岡本医師が特任教授を務める寄付講座を今年12月末に閉鎖し、岡本医師による手術は6月末までとし、その後の6カ月間は経過観察期間にすると公表。すでに6月末までの岡本医師の治療枠が埋まっている。このため、北海道、東京、愛知、兵庫、岡山、広島の50~70代の前立腺がんの男性7人が7月以降も同医師の治療を受けられるよう、2月に滋賀医大による治療妨害を禁止する仮処分を大津地裁に申し立てた。(出河雅彦)