[PR]

 東京都江東区のマンションの一室で住民の加藤邦子さん(80)が強盗に襲われて死亡した事件で、警視庁は13日、男3人を強盗殺人と住居侵入の疑いで逮捕し、発表した。いずれも「身に覚えがない」などと容疑を否認しているという。

 逮捕されたのは、住所不定、無職須江拓貴(22)と川崎市川崎区京町2丁目、作業員小松園竜飛(27)、住所不定、無職酒井佑太(22)の3容疑者。

 捜査1課によると、3人の逮捕容疑は2月28日午前11時から午後2時ごろ、加藤さんの部屋に侵入し、加藤さんの手足を縛り、口付近に粘着テープを貼って窒息死させたうえ、インターホン(1500円相当)を奪ったというもの。加藤さんの家には2月中旬、現金があるかを尋ねる「アポ電」と呼ばれる不審な電話があったという。

 3人の関与の疑いは、防犯カメラ映像などから浮上したという。

 東京都内では今年1月と2月に渋谷区内でも、資産状況を尋ねる「アポ電」があった後、住民の高齢者の手足を縛って現金などを奪う強盗事件が2件起きている。警視庁は江東区の強盗殺人事件と同一グループの疑いもあるとみて調べている。