[PR]

 16日のJR各社のダイヤ改定を前に、一部の新幹線や在来線特急で車内販売が15日で終了する。新幹線の車内では、乗客が名残惜しそうに最終日の買い物を楽しんでいた。

 JR各社によると、車内販売が終了した新幹線は、北海道(新青森―新函館北斗)、九州(博多―鹿児島中央)、秋田(盛岡―秋田)と、東北(東京―新青森)を走る「やまびこ」。エキナカ店舗やコンビニエンスストアが充実し、売上額がピーク時の半分以下に落ち込んだためという。

 15日午前11時過ぎの秋田発の秋田新幹線「こまち18号」の車内販売員を務めた佐々木望(のぞみ)さん(39)=秋田県由利本荘市=は、この道20年のベテラン。発車前、「寂しいですが、いつも通りに笑顔で接客するだけです」と感慨深げに話した。秋田から盛岡へ向かった秋田市の女性(80)は「地域の特色あるお弁当が楽しみだったので残念」と話し、ワゴンから駅弁の「鶏めし」を買っていた。

 ほかに東北新幹線「はやぶさ」「はやて」や、秋田新幹線「こまち」の東北新幹線の区間では、弁当や土産物を除く飲料などの車内販売は続けられる。(神野勇人)