[PR]

 米国務省は13日、約200カ国・地域の人権状況をまとめた2018年の「人権報告書」を公表した。中国について、少数民族ウイグル族やほかのイスラム教徒ら80万から200万人以上が恣意(しい)的に収容所に入れられていると指摘。人権団体などの報告として、当局が収容所内で虐待や拷問、殺害を行っていると批判した。

 ポンペオ国務長官は同日の会見で「中国は宗教や民族の独自性を消そうとしている」と厳しく非難。18年に少数派に対する拘束が強まり「記録的な水準に達した」とし、「中国の人権侵害は桁外れだ」と訴えた。

 ウイグル族を巡っては、不当に「再教育施設」に収容されているとして国際社会の批判が高まっている。中国側は「職業技能教育訓練センター」だとして、「テロリズムや危険思想の蔓延(まんえん)を防ぐため」と主張している。

 報告書は、昨年10月にサウジ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら