[PR]

 静岡県富士宮市の富士山本宮浅間大社前にある市有地を活用した地ビールレストラン「マウントフジブリューイング」が23日、オープンする。市では、大社や富士山世界遺産センターを訪れる観光客らが集う「食の拠点」として期待する。

 市では、約1400平方メートルの市有地の立地のよさを生かし、町のにぎわいづくりにつながる事業案を民間から募集。加和太建設(三島市)が提案したビール醸造設備を備えたレストランが採用された。20年の定期借地で、賃料は年約223万円。

 レストランは、テラス席10席を含む約80席。富士山の湧き水を利用して製造するビールはピルスナー、ホワイトエール、スタウトなど5種類で、各Sサイズ490円、Mサイズ680円で提供する。中ジョッキ約3万杯分にあたる年間15キロリットルを醸造する予定。

 併設のショップでは、醸造した…

この記事は有料会員記事です。残り62文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り62文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り62文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース