仮想通貨流出で初検挙 18歳少年を詐取容疑で書類送検

サイバー攻防

[PR]

 仮想通貨「モナコイン」を顧客から預かるサービス「Monappy(モナッピー)」(営業停止中)にサイバー攻撃を仕掛け、モナコイン約1500万円相当を詐取したなどとして、警視庁は14日、宇都宮市の少年(18)を電子計算機使用詐欺などの疑いで書類送検し、発表した。

 仮想通貨の取扱業者をめぐっては、昨年1月に「コインチェック」から約580億円相当、同9月に「ザイフ」から約70億円相当(いずれも当時のレート)など、不正流出が相次ぐ。警視庁によると、仮想通貨流出事件の検挙は全国で初めてという。

 サイバー犯罪対策課によると、送検容疑は昨年8月から9月にかけ、モナッピーの送金システムの欠陥を悪用して誤作動させ、同社が管理していたモナコイン約9万7千モナ(当時のレートで約1500万円相当)を不正に外部の口座に送金させて詐取したなどというもの。

仁義なきサイバー攻防 ハッカーの標的は国家か個人か

仁義なきサイバー攻防 ハッカーの標的は国家か個人か

身近に迫るサイバー犯罪の脅威。標的は国家か企業か、あなたか。[記事一覧へ]